アンティーク家具の虫食いや虫への対処方法とは?

アンティーク家具の虫食いや虫への対処方法とは?

木製のアンティーク家具についた虫を駆除するために有効な方法をご紹介します。
まず熱を利用する方法です。
太陽の熱は木製家具につく多くの虫を退治します。
太陽の光を利用して、家具の虫を退治するには暑い日に、屋外の日当たりのよい場所に家具を置くといいでしょう。
厚手のビニールシートで家具を覆い数日間、屋外に放置すると効果的です。
虫食いによるこれ以上の劣化を防止してくれます。
逆に寒さを利用する方法もあります。
業務用の大型冷凍庫やチェストフリーザーがある場合、または雪が降る地域であれば、木製家具を冷凍庫に入れるか、雪の降る屋外に置くとよいでしょう。
家具を72時間以上凍らせ、中にいる虫を退治します。
殺虫剤を使用する方法です。
退去してくれない場合にアンティーク家具から駆除するなら、殺虫剤も選択肢のひとつです。
節約のために自分で行う場合は、一生使える無害なウッドガードなど木材を荒らす原因を取り除き、抑制してくれるスプレーを選びましょう。
安全で最高の結果を得るために、必ずパッケージに記載されている説明に従ってください。

アンティーク家具のメンテナンスは木工補修用粘土で

木製のアンティーク家具に魅了される人は非常に多いです。
経年による独特の赤茶色の色調、手入れの行き届いたつや、職人技が光る精巧な装飾技術などは、現代の家具にはそれほどみられるものではありません。
アンティーク家具を部屋に一つ置くだけでもクラスアップし、部屋の雰囲気を重厚な素晴らしい空間にしてくれるんです。
アンティークの家具は100年を経過したものであって、損傷や傷、穴などの問題もよく見られるんです。
虫食いなどにおかされることも多く、穴がポコポコ開いてることもあります。
このような場合には穴を木工補修用粘土を埋めて、自分で修理することも出来ます。
これはあくまで引き出しの中など目立たない箇所だけ行うようにし、目立つ箇所の穴の修理は専門の職人に依頼することが大事です。
またいまだに穴が開いてそれが増えている場合には、その家具にまだ虫が存在する可能性が高いです。
このような場合には、殺虫スプレーなどを使って撃退しなければいけません。

アンティーク家具に関する情報サイト
アンティーク家具ナビ

アンティーク家具のお手入れに特別なメンテナンスは必要なく、基本的には汚れが気になった時に乾拭きをするだけで充分です。それよりも、家具の変形や木が割れたりするなどのトラブルを事前に防ぐためにも、直射日光やエアコンの風が直接当たらない場所に置くことを意識することが大切です。また、乾燥しすぎず湿気が多くない湿度や温度、目安としては私たちが「心地良い」と感じるくらいの環境下に家具を設置することが大切です。

Search