初心者でも簡単に理解できる!アンティーク家具のお手入れの基本や豆知識をご紹介します!

アンティーク家具のお手入れに特別なメンテナンスは必要なく、基本的には汚れが気になった時に乾拭きをするだけで充分です。
それよりも、家具の変形や木が割れたりするなどのトラブルを事前に防ぐためにも、直射日光やエアコンの風が直接当たらない場所に置くことを意識することが大切です。
また、乾燥しすぎず湿気が多くない湿度や温度、目安としては私たちが「心地良い」と感じるくらいの環境下に家具を設置することが大切です。

初心者でも簡単に理解できる!アンティーク家具のお手入れの基本や豆知識をご紹介します!

アンティーク家具と聞くと特別なメンテナンスが必要で何だか初心者には難しそうなイメージがありますが、実際はそうではない場合がほとんどです。
もともと長い年月を経てアンティーク化したこれらの家具は、頻繁なメンテナンスが必要なデリケートなものであればこれほどまで多くの数を受け継がれてこなかったことでしょう。
アンティーク家具のお手入れ方法は実にシンプルで、基本的には埃などが気になった時に乾拭きをするだけで充分です。
メンテナンスよりも大切なのは、家具を置く環境にあると言われています。
直射日光やエアコンなどの風が当たりにくい場所で、乾燥しすぎず湿気も多くない場所に置くことが最適です。

木製アンティーク家具のお手入れの基本!日々の手入れは乾拭きだけで完了!

木製のアンティーク家具は繊細で扱いが難しく、日々のお手入れひとつ取っても手間が掛かるイメージではないでしょうか。
結論からすると木製アンティーク家具のお手入れは乾拭きのみでOKで、後は特に必要としないので非常に簡単です。
専用のクリーナーを必要としたり、特別な作法があるわけではないので、追加費用も学習も不要です。
アンティーク家具は確かにデリケートですが、長期的に形を保って存在していることを考えれば、それほどヤワではないことは分かるはずです。
基本的に乾拭きで済むのもその証拠で、表面が傷だらけだったり汚れが傷に染み込んでいるのでなければ、特に何もしなくても良いです。
むしろ余計なことをしない方が、負担を掛けたり傷を入れずに済みますし、結果として長く使えることになります。
意外と扱い方が簡単ということを知ると、木製アンティーク家具との距離が縮まったり改めて魅力が感じられて、購入に繋がる興味が湧くのではないでしょうか。

木製アンティーク家具の独特の風合いやつやを出すにはシェラックワックスが最適

アンティークを所有することは、古き良き時代のアメリカやフランス、イギリスなどを想起させ時間旅行に連れて行ってくれます。
昔の人がどのようにこのアンティークを愛し、大切に保存したり身に着けて楽しんできたのかと想像すると、非常に楽しく歴史の重みも感じずにはいられません。
特に木製のアンティーク家具は、コレクターも多いです。
部屋に一つ木製のアンティークの家具を置くだけで、一気に重厚感のある高級な空間に変容してくれます。
アンティーク家具は100年以上も経過しているので、所有者がメンテナンスや手入れを徹底させなければいけません。
木製アンティーク家具の場合日ごろのお手入れはやわらかい布で乾拭きしたり、時々シェラックワックスを使って独特の風合いやつやを蘇らせてあげると良いでしょう。
木製テーブルの場合、食器の輪染みなどは、蜜蝋ワックスで優しくなじませてぬぐってあげるだけで綺麗にシミが取れるのです。
さらに艶もよみがえり一石二鳥と言えます。

本革製アンティーク家具は半年や一年に一回ペースでオイルメンテナンスが大事

アンティーク家具にはよくレザーが使用されており、重厚なデザインは風格を感じさせてくれます。
木材に比べて耐久性に劣るレザーは表面の擦り切れや色褪せ、状態が進むと経年によりひび割れが発生してゆくのが特徴です。
乾燥や水分が触れてしまうとオイル分が揮発してしまうので、専用のクリームで保革をすることでコンディションを保護します。
アンティーク家具店では推奨されるケアグッズが販売されていることもありますし、店員さんは販売だけではなくメンテナンスをしており詳しい人も少なくありません。
保革グッズは靴販売店や鞄販売店でも取り扱いがありますが、アンティーク家具のような特殊なケースではより浸透性が高く、負担がかかり難いケアグッズを選ぶことが重要です。
レザーオイルは入荷性になった半液体のリキッドが浸透性が高く、中性に近い方が化学変化が起きにくいと言われております。
推奨のグッズを選び定期的に塗布することでひび割れを防ぎ、良い状態をキープしてくれるのです。

木製アンティーク家具の傷の修復は蜜蝋ワックスかオイル塗装で行おう!

あまり知られていませんがほとんどのアンティーク家具に付いた、小さくて浅い傷は蜜蝋ワックスをこすりつけることで簡単に取り除くことができます。
小さな傷がたくさんある場合は軽石などで汚れを落とし、オイルを塗って磨きます。
木部を傷つけた小さな傷には、色のついた家具用ポリッシュや傷隠し用のポリッシュを塗って、生木を隠します。
特殊なソフトマーカーやワックスフィラースティックも効果的です。
仕上げや木に傷がついていない小さなへこみは、湿らせた布と温めに設定したアイロンを使って、へこみの上にアイロンをかけると、平らに戻ることがよくあります。
また湿らせた後、ドライヤーで加熱する方法もあります。
傷が深くえぐれた場合は、露出した木材を同じように染色してください。
薄めたオイルやスポットフィニッシングステインを使い、好みの色に仕上げるのです。
アンティーク家具のエッジやコーナーが磨り減ってきたら、薄めたオイルやスポットフィニッシングステインを塗って色と輝きを取り戻します。
薄く塗り重ね、好みの色に仕上げます。
乾燥させた後、元の仕上げ剤を薄く数回塗り重ねます。
目の細かい軽石やサンドペーパー、蜜蝋などを使って好みの光沢になるように磨きます。

アンティーク家具に関する情報サイト
アンティーク家具ナビ

アンティーク家具のお手入れに特別なメンテナンスは必要なく、基本的には汚れが気になった時に乾拭きをするだけで充分です。それよりも、家具の変形や木が割れたりするなどのトラブルを事前に防ぐためにも、直射日光やエアコンの風が直接当たらない場所に置くことを意識することが大切です。また、乾燥しすぎず湿気が多くない湿度や温度、目安としては私たちが「心地良い」と感じるくらいの環境下に家具を設置することが大切です。

Search